摂食障害専門カウンセリングルーム あや相談室

Home > 今月のひとこと > 10月のひとこと

10月のひとこと

「最近、食欲あるなぁ?」と思っていましたが、「もっとエサをちょうだい!」と要求する愛犬の姿を見て納得しました。動物はみーんな肥ゆる季節の到来です(笑)

●吐き出し剥き出しメモ帳
秋の夜長は哀愁漂うひととき。むかついたりイライラしたり寂しくなったり悲しくなったら、その気持ちを紙に書く、とにかく書く。殴り書きでOK!考えるより書く。泣きながらでも書く。
書くことで、ネガティブな感情や感覚を外に放つことができ、それらと距離を置くことができます。うまく行けば、書くだけでスッキリしたり、対処法が分かっちゃうこともあります。
後で読み返してみると「なんじゃこりゃ」と呆れて反省することもできます。
誰にも迷惑かけないし後悔も残らない。この方法、かなりお勧めです♪

●人は1人では生きていけない
ひとりで過ごす時間が、誰かと過ごす時間の3倍は必要らしい私が、一番安心できるのは狭い我が家。料理したり、本を読んだり、ブログを書いたり、調べ物をしたり、誰かのことを想って手紙やメールを書いたり…。家のどこかで愛犬が寝ているし、テレビの音声は聴いてはいないけど安心します。ひとりだけど孤独ではないんだなと思います。
人間にとって最も辛い刑は孤独刑だそうです。酷い拷問よりもずっと辛い刑だと言われています。孤独刑とは、他人との関わりを一切断たれ、無音無刺激な環境に置かれることです。この環境に置かれるとどんな人も2日過ぎると精神に異常を来し始めるそうです。考えただけでもゾッとします。私なら1日と持たないでしょう。

●あの頃の自分は頑張っていたんだなぁ
頑張っているときはそんな自分を客観的に見る余裕もなくて、全然誉めてあげられませんでした。
渦中にいた頃の自分を思い出すと、「あの頃の自分はものすごく頑張っていたんだなぁ。頑張りたかったんだな~。だから過食も止められなかったんだな~」って思います。
今の私が過食をしないのは、頑張らない自分を許せるからだと思います。
それは、「過食さえなければ幸せなのに」と泣きながら、「こうあるべき自分」ではない、いわゆるダメな自分を許せなかった「あの頃」があったからです。
ヤクザ御用達のクリーニング店は、ヤクザからのクレームを恐れてどんどん腕が上達していくそうです。大阪の美容室でお客さんからたくさんのダメ出しをされたスタイリストさんは、その後どこの美容室に行っても余裕の笑顔で働くことができるそうです。
頑張っている時って、もれなく痛みや辛さもついてくるのかも知れません。過食さえなければ、クレームさえなければ、ダメ出しさえされなければ・・・と何かを悪者にすることで必死に過ごした日々の先には、「あの時の自分があるから今の自分がある」と思う、マイペースで過ごせる自分が待っています。
でもマイペースで過ごせる自分を知ってしまうと、もうあの頃のようにがむしゃらにはなれません。あの頃の自分は、頑張れるだけの若さがあったんだなーとしみじみ思います。

●最新のマインドフルネス情報
今、アメリカでは「慈悲の瞑想」が流行っているそうです。慈悲の瞑想とは、家族や友人、知人の幸せを願い、感謝を唱える瞑想のことです♪
慈悲の瞑想を行うとほんわかと優しい気持ちになります。その気持ちを自分にもお裾分けすると、自分に対しても優しい気持ちになるというわけです。
同じように、「嫌いな人の幸せを願う慈悲の瞑想」をすると、その人のことを嫌いじゃなくなるという驚きの効果が!!
私たちは嫌いな人がいるから辛いのではなく、「嫌い」という負の感情や感覚に振り回されることが辛いのです。そんなとき、「嫌いな人の幸せを願い続ける」と、「嫌い」という感情から湧き出てくる辛さや苦しみから解放されるのです。しかも嬉しいおまけがついてくることも…♪
嫌いな相手の幸せを願うことで、無意識、或いは意識的に作っていた壁がなくなり、相手が話しかけてくるようになったり、相手との会話がちょっと楽しくなったりして、相手の良い部分も見えてくるのです。もちろん嫌いな部分が全部チャラになるわけではありませんが、相手の良い部分が見えてくれば、「嫌い!」という負の感情に振り回されることはなくなります。また、「これは自分の問題だったんだ」と気づけます。自分の問題ならば自分で解決できる。そんな自信がつく体験ができるのが、慈悲の瞑想なのです。
私も、嫌いな人や苦手な人ができたときはぜひやってみたいです。でも、その頃には慈悲の瞑想のことなんてすっかり忘れていそう…(苦笑)

●「悩む人」→「悩みを観察する人」
最後に、カウンセリングのご案内です。カウンセリングは、皆さまが「悩む人」から「悩みを観察する人」に変わるひとときです。話すことで、ご自分の悩みを観察できます。すると、今までとは違う視点で物事を考えられるようになり、いろんな気づきが出て来ます。心の中の整理もできるので、気持ちが軽くなったり、安心感を得られると思います^^
皆さまに「話して良かった」と言って頂けるよう、今月も皆さまとお会いできることを愉しみにしております。

2017年10月5日
摂食障害カウンセリング あや相談室主宰
摂食障害カウンセラー 長谷川あや

«
»
ページの上に戻る