摂食障害専門カウンセリングルーム あや相談室

Home > 今月のひとこと > 11月のひとこと

11月のひとこと

秋の夜長、寂しさ虚しさを感じたら・・・

●オキシトシン
オキシトシンは、愛情ホルモンや恋愛ホルモンと呼ばれる、愛情を司る脳内物質で、「愛情」を脳に感じさせる効果があります♡

オキシトシンが分泌されると、私たちの脳は安らぎを感じ「安心感のある心地良い気持ち」になります。このホルモンがすごいのは、オキシトシンを分泌している人と接した他の人が持つ負の感情をも和らげてくれるところです。
オキシトシンの分泌が多い人の近くにいると、なぜか穏やか~な気持ちになれちゃうというわけです。このポジティブループはすごいですね!
当然、同性にも異性にももてます♪オキシトシンさえ分泌できていれば外見なんて関係ないのです。「あの子だけなんであんなにもてるの?」がこれです。
とにかく、オキシトシンを分泌すればするほど良いことがたくさん起こるということです♪

では、オキシトシンをたくさん分泌させるにはどんな心がけが必要なのでしょうか?よく言われているのが、他者と触れ合うことです。
頭を撫でるor撫でられる、家族や恋人とハグやキスをする、心許せる人と食事をする、おしゃべりをする、遊ぶ等々。オキシトシンは、好感を抱く相手との交流で分泌されます。

「そんな相手、私にはいないもん!」と嘆く方もご心配なく。大丈夫です!!
そんなときは、マッサージやエステ、鍼灸治療などを利用してみてください♪
あなたにとって心地良い安心できるひとときは全てオキシトシンの効果です。映画を観て感動したり、誰かに「ありがとう」と言われたり感謝された時にちょっぴり幸せな気分になれるのもオキシトシンが分泌されているからなんですよ^^

ちなみに、私のオキシトシン分泌の大半が、我が家の愛犬はなとの触れ合いです。日々、彼女に癒やされ、彼女に「かわいい」を連発して言っています♡
夜、私の布団に潜り込んでくる彼女からあふれるほどの幸せをもらっています。はなが我が家に来てから10年が経ちましたが、この間に私の感情の波はどんどん緩やかになっていきました。

「ペットは飼えないし、エステに行く暇もお金もない!」という方は、恋愛ドラマや小説を見たり読んだりするのもお勧めの方法です☆
「主人公カッコイイ~♡」などと感動したり心ときめくイマジネーションは脳を刺激し、オキシトシンを活発に分泌してくれます。
新しいことにチャレンジする好奇心も心身の老化を防ぎ、オキシトシンを分泌させます。いつもとはちょっと違うことをしてみる。例えばメイク、洋服、髪型を飼えてみる。入ったことのないお店に入ってみる等々。

このように幸せホルモンを分泌する方法は、日々の生活の中にたくさ~んあります。ふと心寂しくなりがちなこの季節、オキシトシン分泌を盛んにすることで楽しく自分も周りの人もハッピーに過ごせるようになるといいですね♪

●吐き出し剥き出しメモ帳
先月のひとことで書いた「吐き出し剥き出しメモ帳」についての反響が大きかったので、今月はもう少しこの話を詳しくお話します♪

今日起きた出来事だけじゃなく、その時々の感情をメインに書いてみてください。そうすることで、頭の中をぐるぐる回っている感情を文字化することででき、自分の感情を「視覚化」し=「客観視」できます。

カウンセリングでは、「モヤモヤする」とおっしゃる方が多いのですが、この「モヤモヤ」は、頭の中をぐるぐる回っている感情がよくわからない「違和感」です。「モヤモヤ」があると心が落ち着かなくなり、不安になったり、集中力がなくなったり、自律神経のバランスを崩したりと二次的障害が出て来ます。こうならないためにも、1日の終わり、或いは嫌なことがあったときに「モヤモヤ」を吐き出す習慣を作ってほしくてご紹介したのが、先月のひとことに書いた「吐き出し剥き出しメモ帳」です^^

自分の感情を客観視できるようになると、モヤモヤがなくなり、感情のコントロールがしやすくなります(^_^)v
過去のメモを読み返せば、日々いろんな感情が沸いては消えていくことが分かり、負の感情に振り回されにくくなるでしょう。
つまり、吐き出し剥き出しメモ帳を書いているうちに、自然と自分の感情の取り扱いがうまくなり=自然体で過ごせるようになるのです。

自然体とは、強がっていない自分のことです。中には、日々強がって生きているご自身に全く気づかれていない方もいます。まずはそこに気づいて欲しいです。なぜならば、(無意識に)強がる=気を張る→気を緩めたい=過食するというサイクルが出来上がっている方も多いからです。
弱い自分を許し、受け止める。これができると、私たちは本来自分が持つ自然体の強さ、美しさ、優しさが分かるようになります。「ま、いっか」「しょうがないか~」とふっと息を抜く大らかさも身につきます。

このメモ帳を書くときに必要なのは、「感情のままに書く」こと。誰に見せるものでもないので、きれいに分かりやすく書く必要はありません。その時々の感情に合った書き方をしてください。

ムカッと来たなら、大きな字で「ムカつくーー!!」と書く。剥き出しの感情を表すには書き殴るのが一番です!嬉しい事があった時は、その時の胸の高まりや喜びも大いに文字で表現しましょう♪「ヤッターーー!」「ついてる!」「すごいじゃん!」ってね。
このように喜怒哀楽の感情を素直に綴っていくと、自分がどんなときに「モヤモヤ」するのか「ウキウキ」するのかが分かってくるので、それらの対処法も分かってきます♪

但し、これらを書く環境、時間、体力・気力がない場合もあるでしょう。そんなときは是非カウンセリングをご利用ください。とさりげな~く宣伝(笑)
話す(放つ)ことで本当に自分が見えてきます。心の中のモヤモヤを言語化(明確化)することで、頭の中を整理できるからです^^
今月も皆さまといろんなお話ができるのを愉しみにしております。

*日記のように毎日書かなければ!としてしまうと、気を張ってしまい、素直な感情が分からなくなってしまうこともあるので、「メモ帳」と位置づけました。

2017年11月1日
摂食障害カウンセリング あや相談室主宰
摂食障害カウンセラー 長谷川あや

«
»
ページの上に戻る